サイエンスセンター

「オットーボック サイエンスセンター ベルリン」では、アイデアを凝らした体験型の展示を通し、歩行や手の動きなどのヒトの動きを理解し、最先端の医療技術を体感することができます。

我々を動かしているものを理解しよう

オットーボックグループの創業90周年を記念し、2009年6月にベルリンにオープンした「オットーボック サイエンスセンター 」では、アイデアを凝らした体験型の展示を通し、歩行や手の動きなどのヒトの動きを理解し、最先端の医療技術を体感することができます。

サイエンスセンターは、ベルリンの中でも歴史と政治の中心であるポツダム広場とブランデンブルグ門の中間に位置し、非常にアクセスし易い場所にあります。壁面は筋肉繊維の組織を元にデザインされており、夜間には15のライトが点滅して人間の歩行パターンが浮かび上がるイルミネーションサインが人目を引き、多くの人が思わず足を止めます。

1階から3階まである展示ホールには多数のアトラクティブな体験型のマルチメディア機器の展示が並び、皆様をお待ちしています。「我々を動かしているものを理解しよう」をテーマとし、" 歩行" や" 物を掴む"という一見すると平凡な動作が、実は大変複雑なものであるということを楽しみながら発見することができます。また、人体構造や生体工学の実態についても見識を深めることができ、医療技術の革新が障害者にとって、大変意義のあるものであるということを具体的に体験することができます。

生体工学

自然は最先端の技術開発にインスピレーションを与えてくれます。生態学や生体工学を基礎として、さまざまな自然が技術に応用されていることを理解できる展示をご覧いただけます。

歩行

人類の発達にとって重要な要因となったのは、二足歩行が可能となったことだと言われています。様々なシミュレーションにより歩行メカニズムのバーチャルな体験をすることができます。

握る

手は非常に精巧なツールです。正確に素早く掴んだり、握る力に強弱をつけたりなど、目をみはるほど器用な手の動作をご覧いただけます。

サイエンスセンター 英文サイト

展示内容、イベント、アクセスなど、詳細情報はサイエンスセンターの英文サイトにてご覧ください。

詳細はこちら


サイエンスセンター パンフレット

日本語パンフレットをダウンロードいただけます。