上肢懸垂用肩関節装具 オモニューレクサ プラス(5065N)

2017年3月1日、より装着しやすく “リニューアル” いたしました!

脳卒中後の肩関節痛に着目した新たな装具療法

オモニューレクサ プラスは、ショルダーカフと前腕カフ、それらのパーツを連結する2本の懸垂ストラップで構成された、脳卒中片麻痺の肩関節亜脱臼を対象にした上肢懸垂用装具です。

適応

  • 脳卒中片麻痺による肩関節亜脱臼

期待される効果

  • 疼痛の緩和
  • 歩容の改善
  • 立ち上がり動作の安定
  • 上腕部、前腕部の良肢位保持
  • 肩関節の保護

構造/特徴

肩関節の的確な調整

各ベルトを調整することで、上肢を肩関節方向へ引き上げる構造となっています。ベルトは面ファスナーで調整できるため、装着後の微調整も可能です。

着脱、調整が容易なバックル

胸部の幅広ベルトには、脱着が簡単になるバックルがついています。
バックルを留めたあと、さらにベルトで締め込むことができます。

良肢位での前腕保持

前腕カフを連結し上肢懸垂することで、肩関節にかかる負荷を軽減し、疼痛を緩和します。また、懸垂ストラップの走路は前腕回外位に保持することができます

シリコーンで懸垂をサポート

上腕部、前腕部の裏地の端部にシリコーン素材の滑り止めを施すことで、懸垂した上肢をしっかりと保持します。

調整が容易なループ状ベルト

各ベルトは折り返して留めることができるループ状になっているため簡単に調整ができます。

腕を通しやすい立体構造

上腕カフ・前腕カフが筒形構造になっており、装着イメージがしやすいだけでなく、腕も通しやすくなっています。

XXS~XLまで幅広いサイズ

幅広いサイズ展開で、様々な体型に対応します。XXSは71.0~79.0cmに対応しており、小柄な方でも使用することができます。

自己調整・自己装着の可能性

特別にデザインされた本体構造により、装着が容易になりました。自立したADL獲得の可能性が広がります。

安定した姿勢保持

肩関節を良肢位で保持することにより体幹のバランスが整えられ、全体の姿勢のアライメントを整えることができます。

装着効果

1.肩関節(上腕骨頭)の位置改善

写真は肩関節亜脱臼に対し、オモニューレクサ プラスの非装着時(左)と装着時(右)の上腕骨頭の位置をレントゲンで撮影したものです。オモニューレクサ プラスを装着することで、上腕骨頭の位置が改善された様子が確認できます。

2.装着肢位の比較

前腕カフを連結し、引き上げることで上腕骨頭を関節窩へ引き寄せ、肩関節構成体への負担を軽減します。また、装着肢を肩関節外旋位、肘関節軽度屈曲位、前腕回外位に保持する構造になっており、自然肢位の保持(不良肢位・動作の改善)、歩行訓練時の体幹の安定効果が期待されています。

リハビリでの活用

1.早期リハビリテーションでの活用

オモニューレクサ プラスは、装着により疼痛の緩和だけでなく、体幹のバランスを整える効果があり、リハビリテーションでの動作訓練に活用することができます。

早期リハビリの開始

脳卒中に対するリハビリテーションは、不適切な歩行パターンを習得しないよう適切なリハビリを早期から開始することが求められますが、肩関節亜脱臼による上肢の下垂で痛みが発生し、リハビリの開始が阻害される恐れがあります。
オモニューレクサ プラスは上腕骨頭を正しい位置に戻し、痛みを軽減することで、早期にリハビリテーションを開始することが可能になります。

姿勢の安定と歩容の改善

装着者は、肩関節がしっかりとサポートされることで歩行に集中することができます。さらに、前腕カフを連結することにより上肢の自然な肢位が得られるため、歩行時の過度な腕の振れが抑えられ、姿勢が安定し、歩容の改善が期待されます。

2.自己装着によるADLの確立

オモニューレクサ プラスは、自立したADLを目指すために独特の形状デザインやベルト構造により、自己装着が可能になっています。脳卒中発症後の早期段階で、肩関節亜脱臼や疼痛予防の目的で使用するだけでなく、社会復帰後の日常生活においても使用することができます。

なお、自己装着の可否は、リハビリの進行度と本人の身体状況によって見極め、必ずリハビリにて十分な訓練を行う必要があります。担当の医師、義肢装具士をはじめとした医療従事者にご相談ください。

ビデオ

動作訓練

オモニューレクサ プラスを装着しての動作訓練をでご覧いただけます。

ビデオ内で装着している装具は旧型オモニューレクサになりますが、効果に関しては、旧型、新型とも同じです。

装着手順 :装着介助する場合

義肢装具士や医療従事者によって装着を行う場合の装着手順をご覧いただけます。

装着手順 :自己装着する場合

自己装着を行う場合の装着手順をご覧いただけます。

試着品

デモ機・試着品をご希望の場合

本製品は、試着品をご用意しています。試着をご希望の場合は、医療機関、および義肢装具製作施設にご相談ください。

幅広いサイズ展開

【サイズの測り方】

イラストのように脇下の胸部周径を測ります。

発注品番 左右 サイズ 胸部周径 (cm)
5065N=R-XXS-7 XXS 71~79
5065N=R-XS-7 XS 79~86
5065N=R-S-7 S 86~94
5065N=R-M-7 M 94~102
5065N=R-L-7 L 102~110
5065N=R-XL-7 XL 110~118
5065N=L-XXS-7 XXS 71~79
5065N=L-XS-7 XS 79~86
5065N=L-S-7 S 86~94
5065N=L-M-7 M 94~102
5065N=L-L-7 L 102~110
5065N=L-XL-7 XL 110~118

ダウンロード

オモニューレクサ プラス カタログ

FAQ


関連製品