歴史と北京大会以後の大会

オットーボックは過去30年以上、障がい者スポーツを啓蒙、サポートしています。

1988年のソウル大会において、選手が使用する機器の修理やメンテナンスが必要とされていることを知り、4人のオーストラリアの義肢装具士が急ごしらえの修理ブースを設営し、サービスを提供したことから、私たちのパラリンピックへのコミットメントが始まりました。

1992年のバルセロナ大会では、5ヶ国から10名のオットーボックの技術者が参加し、移動用のサービス車も配備されるようになりました。

それ以来、オットーボックは全てのパラリンピック夏季大会と冬季大会に参加しています。
2012年のロンドン大会には80名以上の技術者からなる国際色豊かなチームが結成され、20の言語でサービスを提供しました。 修理サービスブースは3ヶ所のパラリンピック村と9ヶ所の競技会場に設置され、どこでもサービスが実施できる移動用サービス車も配備されました。

2010年のバンクーバー冬季大会では、多くの人々にパラリンピックムーブメントを理解してもらえる展示会を開催しました。スノードームと名付けられた展示施設では来場者が実際にパラリンピックスポーツを体験できる機器が展示されました。この展示会の成功から、更に体験型の展示機器を開発し、世界各地で展示会を開催するようになりました。最近では中国において、オットーボックの技術が、パラリンピックの競技ばかりでなく日常生活でどのように使用されているか体験できる体験型の展示会を開催しています。


修理サービスの歴史

オットーボックはパラリンピック競技大会のパートナーとして、1988年から修理サービスを提供しています。こちらから修理サービスの歴史をご覧ください。

詳細はこちら

ワールドワイドパートナー

オットーボックは2005年から国際パラリンピック委員会のワールドワイドパートナーとない、世界各国のパラリンピック委員会と連携しています。

詳細はこちら

2008北京パラリンピック

パラリンピックの舞台裏であるオットーボックの修理サービスセンターの詳細をご覧ください。

詳細はこちら

2012ロンドンパラリンピック

270万人の観客を動員したロンドン大会の舞台裏では、オットーボックの修理サービスの作業が常に淡々と進められていました。

詳細はこちら

2014ソチパラリンピック

アイススレッジホッケー会場でアメリカとロシアの激しい競技が行われ、その結果、オットーボック修理サービスセンターでは溶接技術者が重要な大活躍しました。

詳細はこちら

2016リオパラリンピック

29ヶ国から招集された100名からなるチームは14.500時間に及ぶ修理サービスを実施し、1,162名のアスリートにサービスを提供し、トータル修理件数は3361件になりました。

詳細はこちら