リオ2016パラリンピック競技大会

オットーボックは、リオ2016パラリンピック競技大会の修理サービス公式プロバイダーとして、パラリンピックに参加する全ての競技者に対し、使用する機器のメーカーを問わず、無償の修理サービスを提供しました。

今回で14回目となる修理サービスでは、29か国から参加した義肢装具士、車いす技術者、溶接技術者、サポートスタッフからなる100名のチームを構成し、パラリンピック村内の修理サービスセンターでは24時間の対応で、14の競技会場では修理ブースを設けて競技の合間にも修理サービスを実施しました。

サービス概要

提供場所

  • 修理センター1ヵ所(選手村)
  • 修理ブース14ヵ所
  • 移動ワークショップ 1台

修理時間

8/31 - 9/17・・・7:30 - 23:00
8/28 - 30 ・・・・11:00 - 19:00
9/19 - 22 ・・・・8:00 - 18:00

スタッフと設備

スタッフ:100人(29カ国から派遣、26言語で対応)

設備とストックパーツ:

  • 18 トンの設備機器
  • 15,000 個のスペアパーツ
  • 1100 個の車いす用スペアタイヤ
  • 70 本の走行用板バネ
  • 300 個の義足足部
  • 250 の危険品、化学製品

サービス実績

対応したアスリート数:1162人

トータル修理件数:3361件

機器別修理件数:

  • 車いす:2745件
  • 義肢:438件
  • 装具:178件

競技別修理件数(上位5位):

  • 陸上競技:441件
  • 車椅子バスケットボール:290件
  • 車いすテニス:193件
  • パワーリフティング:154件
  • 水泳:128件

リオ2016 オットーボック修理サービスの歴史と概要

リオ2016 オットーボック修理サービスの設備とストックパーツ