義足の種類と構造

義足には切断レベルに応じて様々な種類があり、さらに義足を構成するパーツも多種多様です。
装着者の必要とする機能や活動環境に応じて選択されます。

<義足の種類>
切断のレベルによって、「下腿義足」、「大腿義足」、「股義足」などがあります。
→切断レベルの詳細はこちら

<義足の構造>
断端(切断部)を収納するソケットと切断レベルに応じて必要となるパーツを組合わせて製作されます。下腿義足は「足部」と「ソケット」、大腿義足は「足部」「膝継手」「ソケット」で構成され、使用者の活動レベルやニーズによって、それぞれのパーツが選択されます。

義足の構成パーツ

股継手

股継手は、股関節の役割を果たすパーツです。油圧制御する新しい股継手も開発されています。

→股継手の詳細はこちら

膝継手

膝継手は膝より上位で切断した場合に使用する部品です。油圧制御や空圧制御など様々な種類があります。

→コンピューター制御膝継手の詳細はこちら

→膝継手の詳細はこちら

足部

足に代わりとして外観や機能を補う部品です。活動レベルや生活環境に合わせて様々な種類があります。

→足部の詳細はこちら


ライナー・懸垂システム

硬いソケット内で断端(切断部)を保護する役割を果たすのがライナーです。素材や懸垂システムとの組合わせによって選択されます。

→ライナーの詳細はこちら

→懸垂システムの詳細はこちら

→ハーモニー懸垂システムの詳細はこちら

ターンテーブル

大腿義足に組合わせるパーツ。靴を履く時、床や畳に座る時に便利です。

→ターンテーブルの詳細はこちら

アダプター

各パーツを接続します。回旋や衝撃吸収など特殊な機能を持つものもあります。

→アダプターの詳細はこちら