コンピューター制御膝継手

1997年に初代C-Legが登場してから日々進化を続けているオットーボックのコンピューター制御膝継手。

大きな特徴は「デフォルトスタンス」という基本設定を採用していることです。
これに「コンピューター制御」された「油圧調整」や「イールディング機能」を組み合わせることで、安全性と活動性の両立を実現しています。

コンピューター制御膝継手は、高活動ユーザー向けと思われがちですが、この「デフォルトスタンス」は、確実な安定が必要な低活動の方にとって頼りになる機能です。


コンピューター制御膝継手

C-Leg4

進化し続けるC-Leg。4世代目のC-Leg(通称C-Leg4)は、新たにジャイロセンサーが搭載され、センサーの検知能力が向上したことで、歩行の状態をより瞬時に把握することが可能になりました。
非常に評価の高い直感的に働くロック機能など新しい機能も搭載され、安全面と機能面においてさらに進化しています。

さらにリモコンの他にアプリ(Android)でモード切替等も出来るようになり、操作性も向上しました。

完成用部品に掲載されています。

→製品の詳細はこちら

→C-Leg4の動画集はこちら

Genium ジニウム

C-Legよりも「安全」、「自然な歩行ができる」、「ADL(日常生活動作)の幅を広げられる」、「義足から得られる結果を向上したい」といった、ユーザーからの強い要望を受けて開発されました。

大きな特徴は、人の歩容と同じように膝が軽く曲がって着地すること。
平地歩行で自然な歩容を可能にするのはもちろん、上り坂では棒足状態の義足を乗越える動作の必要がなく、前方への体重移動をスムーズに行う事ができます。
自然な歩容は身体への負担も軽減してくれます。

→製品の詳細はこちら

→Geniumの動画集はこちら

Genium X3

ジニウムの機能に完全防水、防塵、耐腐食性を兼ね備えた最強のコンピューター制御膝継手です。
活動の場所を制限されない、諦めることは何もない、普通であり続けられること、それこそが最強たる所以です。

→Genium X3の動画集はこちら