大腿用シリコーンライナー(完成用部品)

6Y80 TFアダプトライナー/6Y85 TFアダプトライナー 抗菌加工

断端の軟部組織をしっかり固定、そして歩きやすさをサポート!

大腿切断では、大腿部の軟部組織を固定することがとても重要です。オットーボックのシリコーンライナーは、そうした大腿義足ユーザーのニーズに応えるために、しっかりサポートする工夫が詰まっています。

毎日使うものだから...

毎日履くものだからこそ、快適な装着感を追求し、シリコーン特有のベタベタ感をからくる、不快感や引き攣れを解消するために、シリコーン表面には特殊な加工が施されています。

試着をご希望の場合は、担当の義肢製作施設へご相談ください。

特徴

特殊なシリコーン表面加工

シリコーン素材は耐久性の良さが魅力である一方で、シリコーン特有のベタベタ感があり、フィット感に問題があります。

オットーボックのシリコーンライナーは、特殊な表面処理によりシリコーンのベタベタした感触を解消しています。毎日長時間、皮膚に触れる物だからこそ、とても多くのユーザーの皆さんにこの感触をご評価いただいています。

固定力と動きやすさ

大腿切断の場合、大腿部の軟部組織をしっかり固定することにより、不快感を解消するだけでなく、動きやすさや歩きやすさに繋がります。

その「しっかりサポート」を実現するために、外装布全面に強化繊維を埋め込んでいます。

ピストン運動の防止

外装布の強化繊維は縦方向に埋め込まれています。そのため縦方向には伸びにくく、ピン懸垂特有のピストン運動を防止します。

一方で横方向にはしっかりと伸びてくれるため圧迫感が少なく、多少のボリューム変化があっても大丈夫!

装着感◎の外装布

外装布の繊維の加工により縦方向はすべすべしているため、ライナーを装着する際とっても滑らか。スルッと装着できます。ソケットにも入りやすくなっています。

1日のスタートとなる義足装着を、少しでもスルッとできるように・・・という思いが詰まっています。

6Y80 / 6Y85 / 6Y87の使い分け

シリコーンの硬度に違いがあります。

<6Y80>
6Y85より硬めのシリコーンを使用しています。軟部組織の固定を重視される方にお勧めです。

<6Y85>
6Y80より柔らかいシリコーンを使用しています。よりフィット感を重視する方にお勧めです。

<6Y87>
円柱形のライナーで近位部に窮屈感のある方。シリコーンの硬さは6Y80と同等です。

抗菌加工

銀イオンと6Y85

6Y85のシリコーンには”銀イオン”が練りこまれているため、抗菌効果があります。

ライナーの装着環境と細菌の繁殖

ライナーの中は体温と湿気により、細菌が繁殖しやすい環境となります。人体の皮膚に繁殖し、臭いの原因となる主な細菌として黄色ブドウ球菌が知られています。1日中装着し続けたライナーを外した際の臭いは、この細菌の繁殖が原因です。皮膚に傷などがある状態では、この黄色ブドウ球菌が増殖することで、炎症などを引き起こす可能性があります。

銀イオンは、この黄色ブドウ球菌の繁殖を抑制する働きがあります。

抗菌効果の試験

通常のライナーと比較し、6Y85は黄色ブドウ球菌の増加を抑えます。この効果は「JIS Z 2801*」によって実証されています。

JIS Z 2801*...:2000 年12 月20 日に制定された「抗菌加工製品- 抗菌性試験方法・抗菌効果」に関する日本工業規格


ダウンロード

製品カタログ

6Y80 / 6Y85 TFアダプトライナー カタログ


関連製品