義手とは

義手は、断端(切断部)を収納するソケットと切断レベルに応じて必要となるパーツを組合わせて製作されます。切断レベルによって「上腕義手」、「前腕義手」などがあります。さらに機能別に「能動義手」、「装飾義手」、「筋電電動義手」などがあります。
使用する部品は、装着者の体力や健康状態、義手への要求、職業、個人的な環境などを考慮して最適な義手が選ばれます。

こちらのサイトでは、はじめて義手に触れる方むけに、義手の種類や一般的な切断後のリハビリの流れなど義手に関する基本的な情報をご紹介します。

はじめての義手

はじめて義手を装着される方へ、切断からリハビリテーションまでの一般的な流れなどをご紹介しています。

→詳細はこちら

義手の種類・構造

義手の種類を紹介しています。

→詳細はこちら

切断レベル

切断レベルとは、体のどの部分で切断したのかを説明する用語です。切断レベルによって義手の種類が決まってきます。

→詳細はこちら