はじめての義手

手術からリハビリテーションそして義肢の適合までの治療全体を通し、最も重要な目標は、ほとんどの機能と動作を獲得することです。これによって活動的な生活に導きます。医師やセラピストを含んだセラピーチームと、もちろん切断された方ご自身と、ご家族やご友人が、可能な限り自立した生活を取り戻すための手助けをしてくれるでしょう。

リハビリテーションには平均して2か月から6か月を要しますが、その過程と期間は切断された方のモチベーションや義手の適合の良し悪しなどの様々な要因にも影響されます。

こちらのページには、推奨する治療法とリハビリテーションの過程を記載していますが、ご自身のリハビリテーションチームからの指示を常に優先してください。
チームのスタッフは皆様の個々の症状を一番理解しているからです。

切断前から切断後まで

切断前から切断後に予想されること、そしてリハビリまでの間に断端と身体のケアの仕方を教えてもらいます。

→「切断前から切断後まで」はこちら

圧迫療法

手術直後には断端の組織は腫れています。この腫れ(浮腫)は一般的な術後の反応です。腫れは断端の周り全体に圧をかけることで引いていきます。

→「圧迫療法」はこちら

断端・健側のケア

断端だけでなく、健側のケアをすることも義手を扱う上では非常に重要です。

→「断端・健側のケア」はこちら

リハビリテーション

リハビリテーションの目標は、可能な限りの可動性と独立性を得ることです。義手の着脱などを含め、セラピストは装着者が義手の正しい使い方を覚えるのを助けてくれます。

→「リハビリテーション」はこちら

FAQ – よくある疑問

手足を失った方はたくさんの疑問を持たれることでしょう。このページでは、よくある疑問の幾つかにお答えします。

→「FAQ」はこちら