義手の種類と構造

<義手の種類>
切断レベルによって、「上腕義手」、「前腕義手」などがあります。
→切断レベルの詳細はこちら

さらに機能や操作方法によって「装飾義手」、「能動義手」、「筋電電動義手」などがあります。
→詳しくは義手の専門用語を参照ください

<義手の構造>
断端(切断部)を収納するソケットと、切断レベルに応じて必要なパーツを組み合わせて製作されます。
前腕義手は「手先具(ハンドなど)」と「ソケット」、上腕義手は「手先具(ハンドなど)」「肘継手」「ソケット」で構成され、使用者のニーズによって、それぞれのパーツが選択されます。


筋電電動義手システム

筋電電動義手は、筋肉が収縮する際に発生する微弱な電流(表面筋電位)を電極で採取し、ハンドの開閉モーターのスイッチとして利用する義手です。
成人用の他にも小児用など数多くの種類があります。

マイオボック成人

成人用の筋電電動義手システムです。

→マイオボック成人の詳細はこちら

マイオボック小児

小児用の筋電電動義手システムです。

→マイオボック小児の詳細はこちら

ミケランジェロ

見た目にも自然で、対立位での掴み動作に加えラテラルピンチもできます。

→ミケランジェロハンド詳細はこちら


その他の義手パーツ

主に能動義手、装飾義手義手に使用されるパーツです。筋電電動義手と組合わせて使用するパーツもあります。
切断レベルに応じて必要なパーツが選択されます。

肘継手

上腕義手(肘より近位での切断)で、肘の役割を果たします。

→肘継手の詳細はこちら

手継手

ソケットとハンド(手先具)を接続するパーツです。

→手継手の詳細はこちら

懸垂システム

義手を懸垂する部品です。切断レベルや義手の種類、ユーザーの目的に応じて部品が選択されます。

→懸垂システムの詳細はこちら