義手パーツ:手継手

手継手は、ハンドやフックなどの手先具と、前腕部ソケットを接続するための部品です。

手首が掌屈(手のひら側に曲がる動き)や、背屈(手の甲側に曲がる動き)する機能や、手首が回旋する機能を持った継手もあります。

手継手

10V39 / 10A30 屈曲手継手 (完成用部品)

殻構造用の義手パーツです。

ボタン操作で、掌屈(手首を手のひら側に動かす)/背屈(手首を手の甲側に動かす)、回旋(手首を回す)、手先具の取外しを簡単に行うことができます。
これらの角度調整が行えることで、様々な状況に対応する事ができ、作業の幅が広がります。

本体の外径は12K5のみに合わせることができます。

→10V39/10A30の詳細はこちら

10V18 / 10V36 手継手 面摩擦式 (完成用部品)

殻構造用の義手パーツです。

ゴムワッシャーの摩擦で手先具の回旋を必要な角度に固定できる手継手です。
取付ネジがミリネジ仕様(10V18)と、インチネジ仕様(10V36)あり、様々なアダプターと取付けることができます。

本体の外径は12K5、12K19の両方に合わせることができます。(ミリネジ仕様のみ)


関連製品