筋電電動義手マイオボック小児用 (完成用部品)

筋電電動義手とは

1. 筋電義手とは

筋電(表面筋電位)とは、脳の命令により筋肉が収縮する際に発生する微弱な電流のことです。
筋電義手では、この筋電を専用の「電極」で採取し、モーターを動かすスイッチとして利用します。
モーターが動くことでハンドが開閉し物を「つかむ」「離す」という把持動作をすることが出来るようになります。

これが筋電義手の仕組みです。

通常、筋電を採取する電極は「開く」と「閉じる」のスイッチ用にそれぞれ1個ずつ、合計2個使用します。
筋電が1か所しか採取できない場合は、制御モードを替える事で1個の電極で訓練を開始することも出来ます。

2. 構成パーツ

筋電を採取する「電極」と、モーターを動かす「電池」、そして開閉する「ハンド」が主な構成パーツです。


機能と特徴

1. 作業空間を選ばない

ケーブル操作でハンドを開閉する能動義手と異なり、作業空間を選びません。
頭の上、身体の横や後方でも、筋電が検出されればハンドの開閉を行うことが出来ます。

遊びの中で両手動作を習得することが出来ます。

2. しっかり掴める把持力

最大3.5kgの把持力が備わっています。そのため、重量のあるもの、薄いものをしっかり掴む動作が非常に得意です。
例えば、ハサミを使う際に紙をしっかり掴めたり、教科書やノートを持ったり、お弁当の風呂敷を包めたり、両手動作でできることの幅が広がります。

把持力はハンドサイズで異なります。

3. 開閉スピード

開閉スピードは、筋電の出し方でゆっくり開閉したり、素早く開閉したりすることが出来ます。
ゆっくり開閉できることで、卵やペットボトルといった柔らかいもの、壊れやすい物もつかむことが出来ます。

選択する制御モードによります。

魅力

「作業空間を選ばない」、「強い把持力」といった特徴を使いこなせるようになると、日常的に起こりうる様々な動作が出来るようになります。
お子さんの生活の中で何が出来るようになるか、ぜひ参考にしてみてください。

成人用筋電電動義手の動画も、是非ご覧ください。【マイオボック成人用】

筋電電動義手を使った日常生活

重量のある物、柔らかい物でもしっかり掴むことができ、身体のどの位置でも操作することが出来ます。

ハンドの種類

8E51 ハンド (完成用部品)

サイズ5、5 1/2、6、6 1/2 があります。
健側の手の大きさに合わせて選択します。

10V51 マイオリノリスト (完成用部品)

あらゆる方向に最大30°まで屈曲することができるため、ハンドの向きを他動的に変えることができます。
これにより、肘や肩での代償運動(体の他の部分で動きを代償する事)を軽減する事ができます。
但し、一定の角度で固定することはできません。

動きのないリスト部品(10S16)もあります。

保証・修理

修理とメンテナンス

オットーボックの筋電義手は、日本で修理することができます。
またその間の代替え品もご用意いたしますので、安心してお使いいただけます。


保証:安心してお使い頂くために

製品 保証期間
8E51 ハンド 3年
9E370 4in1コントローラー 1年
9E420 7in1コントローラー 1年
13E184 コーディングプラグ 1年
電極、バッテリー、ケーブル類、充電器 など 1年

  • 弊社から製品が納品された日から上記期間中に故障が発生した場合には、無償修理いたします。
  • 保証期間内であっても、取扱説明書に記載の注意事項が守られていない、過失、活動度の変化(過負荷)、天災地変による場合などは有償修理となります。また、破損状況によっては修理をお受けできない場合もあります。
  • オットーボック社が推奨していない部品の組み合わせや使用方法などが原因による故障については保証をいたしかねます。
  • 故障や不調を感じられた際は、まず担当の義肢製作施設にご連絡ください。

FAQ

  • 筋電義手を試してみることはできますか?

    はい、お試しいただけます。
    担当の義肢装具製作所または医療機関にお問合せください。

  • 装着したらすぐ使えるようになりますか?

    いいえ。
    操作方法はシンプルですが、お子さんが動作を理解し、義手を使っての両手動作を確立するためには訓練が必要です。
    訓練の方法や期間は、使用するパーツやユーザーさんの状態によってそれぞれ異なります。
    詳しくは担当の義肢装具製作所または医療機関にお問合せください。

  • 水場で使用できますか?

    いいえ。
    電気機器ですので、重要パーツが水に濡れると故障につながります。また保証対象外となる可能性があります。ご注意ください。
    装飾用グローブが被っている部分は、水に濡れても問題ありませんが、穴が開いていない事などを確認してからお使いください。

  • 公費で支給されますか?

    障害者総合支援法においては、特例補装具として取扱われています。
    しかしながら、支給の判断はユーザーの方一人一人の状況によって異なりますので、担当の義肢装具製作施設にご相談ください。


関連製品