耐荷重160kgの車いす

Mシリーズの特性である操作性やこぎの軽さなどを維持しながらユーザーの安全性を充分考慮してデザインされた車いす「M4(エムフォー)」。座幅58cmまで選択が可能です。

耐荷重180kg、最大座幅62cmのアバンギャルドXXL2もございます。

C-Leg4

C-Legは、デフォルトスタンスを採用しています。そのため立位での安定が得られ、さらに階段や坂道の交互下りもできます。

フィットネスアプリ

下肢切断者の皆様のために考案された、気軽にフィットネスができるアプリです。
数多くの歩行訓練やリハビリ実績を持つオットーボック社の理学療法士が、自宅で手軽にできるシンプルな動作を厳選しました。

ランニングクリニック2019

10月25-27日(金-日)、明海大学浦安キャンパスにてランニングクリニック2019を開催しました。3日間の記録をビデオでご覧ください。

詳細はこちら

東京2020

オットーボックはオフィシャルサポーター契約を締結し、治療用医療器具、リハビリ及びモビリティーヘルスケア製品(義肢、装具、車いす含む)、外骨格装置のカテゴリースポンサーとなりました。

詳細はこちら

パラリンピックサポート

オットーボックは、30年間の長きにわたり、パラリンピックムーブメントをサポートしてきました。オットーボックのパラリンピックへの熱き思いを込めた様々な活動をご覧ください。

詳細はこちら

クリニカルリサーチ

オットボック製品のクリニカルリサーチのサマリー(日本語訳)をご覧いただけます。

医療従事者/技術者の皆様へ

オットーボック・ジャパンのユーザー向けウェブサイトにアクセスいただき、ありがとうございます。医療従事者、義肢装具および車いす・座位保持装置関係の技術者の皆様への情報はオットーボック・ジャパンの「医療従事者/技術者向けサイト」でご覧いただけます。

医療従事者/技術者向けサイトへ

Ottobock Worldwide

オットーボック・ヘルスケア社はグローバルカンパニーとして、世界各地に強固なリレーションシップとパートナーシップを確立し、現在50カ国以上に拠点をおき、140カ国以上に製品を輸出しています。詳細は、グループのウェブサイト(英文)でご覧いただけます。

オットーボック グループ サイトへ