出展のお知らせ 2019年
第35回日本義肢装具学会学術大会 JSPO

第35回日本義肢装具学会学術大会(仙台)に出展します。
【会場】仙台国際センター
【日程】2019/7/13(土) ~ 2019/7/14(日)

ぜひオットーボック展示ブースにお立ち寄りください。お待ちしております。

【展示ブース:義足】

Kenevo コンピューター制御膝継手

Kenevoは、低活動ユーザーや高齢で安定感を必要とするユーザーにとって安心のアシスト機能を搭載しています。

機械式の膝継手では、多種多様な機能を搭載することは不可能ですが、コンピューター制御だからこそユーザーの可能性を制限することなく、安定性を提供することができます。

2019年4月、完成用部品に新たに掲載されました。

→Kenevoの詳細はこちら

Meridium コンピューター制御足部

メリディウムは足関節の大きな動きと、それに連動してMP関節の動きまでコンピューター制御する、世界唯一(2018年6月現在)の足部です。

メリディウムの動きを一度体感すると、今までの足部との違いに驚かれることでしょう。ダイナミックな動きがもたらす快適性と、緻密に制御された安定性は、人間の足のよう。まさに、革命的足部です。

2019年4月、完成用部品に新たに掲載されました。

→メリディウムの詳細はこちら

→メリディウムのユーザー動画はこちら(YouTube)

Genium コンピューター制御膝継手

ジニウムは、従来のコンピューター制御膝継手よりも、「安全」、「自然な歩行ができる」、「ADL(日常生活動作)の幅を広げられる」、「義足から得られる結果を向上したい」といった、ユーザーからの強い要望を受けて開発されました。

→ジニウムの詳細はこちら

→ジニウムが可能にする動きはこちら(YouTube)

C-Leg4 コンピューター制御膝継手

4世代目のC-Leg(通称C-Leg4)は、従来のC-Legの基本機能を継承しつつ、安全面と機能面においてさらに進化しています。

→C-Leg4の詳細はこちら

→コンピューター制御膝継手のトレーニング動画(YouTube)

【展示ブース:装具】

上肢懸垂用肩関節装具 オモニューレクサ プラス 5065N

オモニューレクサプラスは、脳卒中片麻痺の肩関節亜脱臼を対象にした上肢懸垂用装具です。
ショルダーカフと前腕カフ、それらのパーツを連結する2本の懸垂ストラップで構成されています。

→オモニューレクサプラスの詳細はこちら

→自己装着動画はこちら(YouTube)

前面支持 短下肢装具 ゴー オン 28U70

ゴーオンは下垂足の方が、つまずくことなく前に歩み続けられるように開発された前面支持の短下肢装具です。
柔らかい布地でできているソフトカバーは装着感も良くできています。取り外してお洗濯も可能なので、清潔に保つことができます。

→ゴーオンの詳細はこちら

→ゴーオンの特徴動画はこちら(YouTube)

カーボン製短下肢装具 ウォークオンリアクション 28U24

ウォークオンリアクションは筋力が低下したユーザーの歩行をサポートする装具です。
遊脚相で背屈を補助をするため、つまずきや転倒の危険性が軽減され、小さな障害物や不整地でつま先が簡単にひっかかることがなく、安心して歩行することができるようになります。

→ウォークオンリアクションの詳細はこちら

変形性膝関節症用短下肢装具 アジリウム フリーステップ 50K4

アジリウムフリーステップは変形性膝関節症のために開発されました。荷重時に膝関節に働きかけ、痛みを軽減します。

→アジリウムフリーステップの詳細はこちら

→アジリウムのユーザー動画はこちら(YouTube)