車いすクッション テラフレア

車いすクッション テラフレア

やわらかい、ふらつかない、そのうえ心地よい

クッションに求められる2 つの相反する要素 -安定性と除圧性- を独自の設計と素材で両立したのが「テラフレア」です。

製品ポイント
・エアセルによる除圧効果
・臀部の皮膚ダメージ緩和
・優れた安定性

こんな方におススメ
・褥瘡リスクの高い方
・安定性を重視する方
・エアセルのクッションを諦めていた方

テラフレアは試乗品をご用意しています。
試乗をご希望の場合は、担当の医療機関および車いす・補装具販売店へご相談ください。

特徴

車いすクッション:テラフレアのエアセル

素材1:エアセル

臀部に配置されたエアセル。
一つ一つのセルの中の空気が圧力に応じてセル間を移動することで、最適な圧力分散を実現。横方向の動きにも追従するため、剪断力を緩和し、皮膚へのダメージを最小限に抑えます。

車いすクッション:レストサスペンションフォーム

素材 2:レストサスペンションフォーム

オットーボックが独自に開発したフォーム素材。
身体形状に馴染みやすい柔軟性と、確実な支持性を生む反発性に加え、優れた振動吸収性も併せ持っています。
クッション前端は大腿部の形状に合わせて作られており、より高いフィット感を生み出します。

車いすクッション:テラフレアの骨盤サポート

骨盤をサポートする2つの工夫

エアセルを囲むレストサスペンションフォームの壁を内側に傾けることで、エアセルとフォームの境目を感じにくく、一体感を生み出します。
素材の変化を感じさせない自然な座り心地です。

フォームの左右は臀部の形に合わせたデザインにカットされています。 骨盤を包み込むようなデザインにすることで、左右から支持する力が生まれ、安定感を生み出します。前方も大腿部に沿った形状になっているため、更に安定性を高めてくれます。

製品紹介video

車いすクッションテラフレア動画

動画:車いすクッション「テラ フレア」の簡便な調整方法

テラフレアの空気圧の調整方法、空気を抜いていく量によって圧力分散がどのように変化するのかなど、詳しくご紹介しています。

ぜひ動画をご覧ください。

サイズ表

体重制限 : 150Kg

製品重量 : 1.4Kg(40.5x40.5cm)

厚み : 6cm(前端部)/ : 9cm(最厚部)

発注品番 奥行
476C00=SK878 35.5 40.5
476C00=SK876
38.0 40.5
476C00=SK871
40.5 40.5
476C00=SK879 40.5 43.0
476C00=SK874 40.5 45.5
476C00=SK882
40.5 50.5
476C00=SK883
43.0 40.5
476C00=SK888
43.0 43.0
476C00=SK877
43.0 45.5
476C00=SK884
43.0 50.5
476C00=SK873
45.5 40.5
476C00=SK889
45.5 43.0
476C00=SK872
45.5 45.5
476C00=SK885
45.5 50.5
476C00=SK886
50.5 40.5
476C00=SK875
50.5 45.5
476C00=SK887
50.5 50.5


ダウンロード

車いすクッションラインナップカタログ

車いすクッションラインナップ


関連製品