ランニングクリニック

メダリストと一緒に、走る喜びを分かち合おう!

誰にでも可能性があります - 挑戦しましょう!

オットーボックでは、多くの下肢切断者の皆さんに、スポーツを体験し、走る喜びを感じる機会を持っていただけるように、ロンドン2012/リオ2016で金メダルを獲得したハインリッヒ ポポフを指導者とした「ランニングクリニック」を開催しています。

今までに世界各国で25回以上のクリニックが行われ、スポーツ用義足を始めて装着する方から競技に出場している選手まで、様々な方が各地から参加しました。

参加者にはクリニック開催中、オットーボックの走行用膝継手3S80、走行用足部 ランナー/スプリンター(走行用板バネ)が無料で貸し出され、オットーボックの義肢装具士とハインリッヒ ポポフが、現場で参加者に装着/調整を行います。

参加者はそれぞれに「スポーツ用義足で第一歩を踏み出す」、「パーソナルベストを更新したい」、「子供と一緒に再び走りたい」などの目標を立て、メダリストの指導のもと、互いに助け合いながら自分の限界を打ち破るためにトレーニングを重ねます・

終了日には全員がそれぞれの目標を達成し、見学者やスタッフも含めて、すべての人が感動を分かち合う一大イベントとなっています。

ランニングクリニック2019

日程:
2019年10月25-27日(金-日)

開催場所:
明海大学浦安キャンパス (千葉県浦安市明海1 丁目)

詳細情報

募集要項は7月初旬に本ウェブサイトにアップいたします。

お問合せ先:
オットーボック・ジャパン(株)
マーケティング コミュニケーション
TEL : 03-3798-2113

ランニングクリニック指導者:
ハインリッヒ ポポフ

色々な人が私を助けてくれました。そのお陰で今の私がいます。今度は私が切断を経験した方々が再び自信を取り戻すことができるようにサポートしたいのです。


ランニングクリニック in ジャパン

世界各地で開催されているランニングクリニックは、日本ではポポフ選手とともに、もう一人のパラリンピックメダリスト、山本篤選手を講師に迎え、2015年以降、継続開催されており、スポーツ用義足初心者の皆さんが再び走る喜びを分かち合う感動の3日間となっています。

ランニングクリニック2019

10月25-27日(金-日)、明海大学浦安キャンパスにて開催予定のランニングクリニック2019。7月1日より参加申込み募集を開始しました。

詳細はこちら

2015-2018開催のクリニック

過去に開催されたのクリニックのレポートをご覧いただけます。

詳細はこちら


生活の中の運動、スポーツ

スポーツは身体と心のバランスを保つ効果があります。個々人の目標や環境に注目してみます。

詳細はこちら

オットーボックアンバサダー

オットーボックのアンバサダーとして世界各国のトップアスリート達が、Passion for Paralympics の精神を共有し、オットーボックと共に活動しています

詳細はこちら

スポーツプロダクト

オットーボックはトップアスリートとともに、多くのユーザーの皆さんにスポーツ楽しんでいただけるよう、デザイン性と機能性の両面から完成度の高いスポーツ用の製品を開発しています。

詳細はこちら