オットーボックとスポーツ/パラリンピックサポート

オットーボックは長きにわたり、パラリンピックムーブメントの中心的な存在であり続けています。1988年のソウル大会以降、パラリンピック競技大会において、選手が使用する機器の修理サービスを提供し続けてきました。

また、オットーボックのノウハウは、パラリンピックに出場するトップアスリートばかりでなく、スポーツを愛する義肢や車いすのユーザーにも信頼されています。世界中のたくさんのスポーツ愛好家が、トップアスリートと共に開発されてきたオットーボックのスポーツラインの製品を使用しています。

オットーボックは、障がい者スポーツを促進することや、アスリートをサポートすることに誇りをもっています。私達の役割は、世界中の障がいをもった人々や一般の人々と「パラリンピックへの情熱(パッション フォー パラリンピック)」を分かち合うことです。


平昌2018パラリンピック冬季競技大会

オットーボックは平昌2018冬季パラリンピック競技大会において、義肢装具、車いすの公式修理サービスを提供します。今回でパラリンピックにおける修理サービスは15回目となり、弊社がパラリンピックムーブメントへのサポート(パッション フォー パラリンピック 活動)を開始して30周年を迎えます。

詳細はこちら

パッション フォー パラリンピック

30年以上の間、オットーボックはパラリンピックムーブメントをサポートしてきました。パラリンピックのパートナーとして長いバックグラウンドと、1988年のソウル大会以来、修理サービスを提供してきた経験を活かして、夏季、冬季大会でアスリートをサポートしています。

詳細はこちら

パラリンピックの修理サービス技術者

オットーボックのパラリンピック修理サービスの技術者は、世界各国から召集されます。「パラリンピックへの情熱(パッション フォー パラリンピック)」を共有しながら、昼夜を問わず、迅に作業を行い、選手達をサポートします。

詳細はこちら

スポーツライン

オットーボックはトップアスリートとともに、多くのユーザーの皆様にスポーツ楽しんでいただけるよう、デザイン性と機能性の両面から完成度の高いスポーツライン製品を開発しています。

詳細はこちら