オットーボックのパラリンピックサポート

パッションフォーパラリンピック

30年以上の間、オットーボックはパラリンピックのパートナーとしてパラリンピックムーブメントをサポートしてきました。1988年のソウル大会以来、修理サービスを提供してきた経験を活かして、夏季、冬季大会でアスリートをサポートしています。

オットーボックの修理サービスはモーターレースのピットと同じような役割を担っており、競技で使用する義肢装具、車いすを修理、メンテナンスして、アスリートがなるべく早く競技に戻れるようにサポートする責任のある仕事です。

オットーボックは、世界中のアスリートをサポートし、また、人々にとって重要なモビリティに貢献していることを誇りに思っています。障がい者がより広い世界で活躍し、健常者との共生を実現できるよう、私達のパラリンピックへの熱い思い”Passion for Paralympic"を世界中の人々と共有してゆきたいと思っています。


修理サービスの歴史

オットーボックは、1988年ソウルパラリンピック競技大会において初めて4人の義肢装具士により修理サービスを提供し、それ以降30年の長きに渡り、サービスを提供し続けています。

詳細はこちら

オットーボックアンバサダー

オットーボックアンバサダーは世界の障がいをもつ人々に夢と希望を与え、スポーツや活動的な生活を後押しする活動を行っています。。

詳細はこちら

パラリンピックの修理サービス

オットーボックは夏と冬のパラリンピック競技大会において、義肢装具士や車いす技術者、溶接技術者からなるチームにより修理サービスを提供しています。

詳細はこちら

パラリンピックに参加しよう

オットーボックでは、競技者や観客だけでなく、多くの人にパラリンピックスポーツを体験していただき、パラリンピックへの情熱を広めたいと考えています。

詳細はこちら

パラスポーツ
オットーボック YouTube

オットーボックYouTube チャンネルでパラリンピックのアスリートやスポーツ義足などについて詳細をご覧いただけます。

詳細はこちら