Daniel Dias

Daniel Dias(ダニエル ディアス)は、3回のパラリンピックで24個ものメダルを獲得したブラジルで最も有名な水泳選手です。

ディアスは上肢と下肢に先天的な欠損がありました。2004年のアテネパラリンピックでの同国の選手、Clodoaldo Silvaに刺激を受けて16歳の時に水泳を始めました。2ヶ月で4ストロークを習得し、初めての国際大会となる、南アフリカ、ダーバンで開催されたIPC水泳世界選手権に出場しました。2年後には3個の金メダルと2個の銀メダルを獲得するまでになります。

2008年の北京大会では参加選手の中で一番多い9個のメダルを獲得、内4個は金メダルでした。2010年オランダ、アイントホーフェンのIPC世界選手権では8個の金と1個の銀、2012年ロンドン大会では6種目全て世界記録で優勝し、6個の金を獲得しました。

2016年リオ大会のブラジルのアンバサダーとして彼の名前はブラジル全土に広まりました。チャンピオンとして母国開催の大会で優勝するだけでなく、「私の成功が障害を持った若い人々を勇気づけ、水泳を始めてくれることを願っている。」と言っているように、次世代のパラリンピアンを鼓舞したいと思っていました。

ディアスのプールでの偉業により、多くの人が障害のある人々に関心を持つようになり、The Laureus Sport for Good Foundationから2009年、2013年、2016年に障がい者スポーツ選手オブザイヤーが授与されています。

主な成績:

パラリンピック IPC 水泳世界選手権
リオ 2016 ロンドン 2012  
  • 4 (50m、100m 、200 m 自由形/50m 背泳ぎ)
  • 3 (100m 平泳ぎ/4x50m、4x1000m自由形リレー)
  • 2 (50m バタフライ/4x1000m メドレーリレー)

  • 6 (50m、100m 、200m 自由形/50m 背泳ぎ/50m バタフライ/100m 平泳ぎ)

  • モントリオール 2013: 6、 2
  • アイントホーフェン 2010: 8、 1
  • ターバン 2006: 3、 2
北京 2008    
  • 4 (100m、200m 自由形/50m 背泳ぎ/200m 個人メドレー)
  • 4 (50m 自由形/100m 平泳ぎ/50m バタフライ/4x50m メドレー)
  • 1 (4x50m 自由形)
   

個人情報

国籍: ブラジル

生誕: 1988年

競技: 水泳

障害クラス: S5、SB4、SM5

コーチ: Marcos Rojo Prado

所属クラブ: サンパウロ障がい者スポーツ協会

競技ハイライト成績:
ロンドン2012年 金 6個、全て世界記録

使用機器: スポーツ用としてプールサイドでは防水の3R80とトリトンフットを使用。
ジニウムとトリトンフットを日常用として使用

外部リンク