Heinrich Popow

Heinrich Popow(ハインリッヒ ポポフ)のモットーは「立ち止まらずに前に踏みだすこと」です。

9歳の時、骨肉腫による足の切断をひかえた彼のもとに、一人の男性が見舞いにきます。彼は「また、何でもできるようになるよ。ただ他の人より少しだけ努力しないといけないけどね。」と言うと、ズボンのすそをたくし上げ、ハインリッヒに自分の義足を見せました。彼はパラサイクリングのインディビジュアルタイムトライアル1990年のドイツチャンピオン、Arno Becker(アルノ ベッカー)でした。

ハインリッヒは常にこう言っています「私は障害があるにも関わらずスポーツをするのではありません。障害があるからスポーツをするのです。スポーツのお陰で、毎日の生活においても障害を感じることがありません。」

ポポフ選手には、オットーボック社の開発チームと常に連携を取ることで得た多くの経験があります。義肢装具士の資格も取得しました。彼の選手としての経験や知識は、競技で使用する義足だけでなく、レクリエーション用や日常用義足の開発に多大な影響を与えています。

ポポフ選手は多くの人にスポーツを楽しんでもらいたいと願い、世界を飛び回ってランニングクリニックを行っています。ランニングクリニックでは義足を使いこなす技術だけでなく、精神面でも参加者の手本となっています。

学校から依頼を受けて体育の授業に参加したり、ドイツ国内の病院と連携をとり、切断手術を控えている子供たちを訪問することもあります。アルノ ベッカーが彼にしてくれたように、今度は彼が子供たちに希望を与えています。

主な成績

パラリンピック IPC 世界パラ陸上競技大会
リオ 2016 ロンドン 2012  
  • 走幅跳
  • 100m
  • 200m
  • 4 x 100m
  • リオン 2013: 100m 、 200m 、走幅跳
  • クライストチャーチ 2011: 100m 、走幅跳
  • アッセン 2006: 走幅跳
  • リール 2002: 走幅跳
北京 2008 アテネ 2004
  • 100m
  • 100m
  • 200m
  • 走幅跳

個人情報

国籍: ドイツ

生誕: 1983年

競技: 陸上 (100 m, 200 m, 走幅跳)

障害クラス: T42 (現T63)

自己ベスト:

100 m: 12.11 秒 (現世界記録)

200 m: 25.90 秒

走幅跳: 6.77 m (現世界記録)

コーチ: Karl-Heinz Düe

所属クラブ: TSV Bayer 04 Leverkusen

競技ハイライト成績: ロンドン2012 100m 金、リオデジャネイロ2016 走幅跳 金(パラリンピック記録)

使用機器:

3S80(スポーツ用膝継手)、1E91(スポーツ用足部)を競技で使用。

ジニウムX3(コンピューター制御膝継手)を日常用義足として使用。

外部リンク