Martina Caironi(マルティナ カイローニ)

2007年にMartina Caironi(マルティナ カイローニ)はバイクの事故で左足を失いました。スポーツは彼女のリハビリテーションに重要な役割を果たしました。2010に競技に初出場し、今ではパラリンピックのトップアスリートになっています。

イタリアで最も偉大なパラリンピアン

Martina は2回のパラリンピック、5回の世界パラ陸上、2回のヨーロッパパラ陸上に出場した、イタリアで最も偉大なパラリンピアンの一人です。

事故から5年後の2012年に開催されたパラリンピック ロンドン大会はマルティナにとって初めてのビッグイベントでした。彼女は14秒65で100mの金メダルを獲得しましたが、この記録は同クラスの女子で初めて15秒の壁を破るものでした。また、走幅跳でも、4m72という好記録で銀メダルをとりました。

2013年にMartina は走幅跳と100mで世界チャンピオンになり、1年後には100mでヨーロッパチャンピオンになりました。

2015年のドーハの世界パラ陸上において200mで世界記録を打ち出し、金メダルをとり、100mでも14秒61という世界記録を出しています。

「メダルを獲得できたことは重要なことですが、私にとっては、長年にわたりトレーニングしてきたことが記録と結果につながったことの方がもっと重要です」と語っています。

Martinaは世界的な競技大会で沢山の勝利を勝ち取ってきました。

基本データ

国籍: イタリア
誕生年: 1989年

競技: 陸上-100 m, 走幅跳
障害クラス: T63

コーチ: Davide Gamberini
所属クラブ:Fiamme Gialle

主な成績

パラリンピック:
2016年リオ大会
・100m 金メダル
・走幅跳 銀メダル
2012年ロンドン大会
・100m 金メダル
・走幅跳 銀メダル

世界パラ陸上:
2017年ロンドン大会
・100m, 走幅跳 金メダル
2013年リヨン大会
・100m, 走幅跳 金メダル

パラ陸上ヨーロッパ選手権:
2018年ベルリン大会
・100m, 走幅跳 金メダル
2014年スウォンジー大会
・100m 金メダル
・走幅跳 銀メダル

今なお頂上へと向かって

Martina は2016年のパラリンピック リオ大会で再び100m で金メダルを、走幅跳では銀メダルをとりました。

2016年の年末には、Martina走幅跳に特化したDavide Gamberini の元でトレーニングを始め、その後、2018年6月に北イタリアのNembroで開催されたイタリア選手権で4m88の跳躍を見せました。

2018年、ベルリンで開催されたヨーロッパ パラ陸上選手権では、100mと走幅跳びで金メダルをとり、走幅跳では、4m91のパーソナルベストを記録して、新しい切断クラスでの世界記録となりました。1年後の8月には、初めて5mを記録しています。

また、Martina は万能型の選手であるだけでなく、マルチリンガルでもあります。ボローニャの大学で言語学を学び、イタリア語、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語の5か国語を話すことができます。

Stay up-to-date

Martina Caironi の最新情報はこちらから

INSTAGRAM

FACEBOOK

TWITTER