Marlou van Rhijn(マールー ファン ライン)

「大切なことは、楽しむこと!可能性を信じて、ポジティブに、楽しんで行動することです(Marlou van Rhijn マーロー ファン ライン)」

水泳からスタートし、パラ陸上の選手に

マーロー ファン ラインは、両足が腓骨無形成という障害をもって生まれたため、幼少期には歩くことができませんでした。 彼女は8歳の時に右足を、11歳の時には左足を、共に膝下で切断しました。

術後の経過も良く、水泳を始めました。2006年には、南アフリカのDurbanで開催された世界パラ陸上で優勝し、その後も国内記録を何度も更新しました。

18歳だった2009年には、水泳からパラ陸上に競技を転向し、100mと200mの選手になりました。

基本データ

国籍: オランダ
誕生年: 1991年

競技: 陸上-100m, 200m
障害クラス: T62

コーチ: Davide Gamberini
所属クラブ: NEA Volharding

主な成績

パラリンピック:
2016年リオ大会
・100m, 200m 金メダル
2012年ロンドン大会
・100m 銀メダル
・200m 金メダル

世界パラ陸上:
2017年ロンドン大会
・100m 銀メダル
・200m 金メダル
2015年ドーハ大会
・100m, 200m 金メダル
2013年リヨン大会
・100m, 200m 金メダル

パラ陸上ヨーロッパ選手権:
2014年スウォンジー大会
・100m, 200m 金メダル
2012年スタッズカナール大会
・100m, 200m 金メダル

沢山の観客の声援に支えられて

3年後の2012年、パラリンピック ロンドン大会に参加し、200mと100mでパラリンピックで初めて金・銀メダルを獲得、さらに4年後のリオ大会では、200m、100mでともに金メダルを獲得しました。

「初めてのパラリンピックだったロンドン大会はでは、8万人が観戦するスタジアムで競技しましたが、とても素晴らしい経験でした。観客から応援されているという感覚は言葉では言い表すことができないほど感動的なものです。東京で再びメダルをとるために競技することが今から待ち遠しいです」

Stay up-to-date

Marlou van Rhijn の最新情報はこちらから

WEBSITE

INSTAGRAM