動画集:Kenevo 歩行トレーニング

Kenevoの様々な機能を使いこなすための練習方法を、歩行モードごとにご覧いただけます。⇒Kenevoについてはこちら

歩行モードCのトレーニングに関しては、コンピューター制御膝継手の歩行トレーニング動画も合わせてご覧ください。
⇒MPK歩行トレーニング動画はこちら

基本エクササイズ
- 全歩行モード

座位動作(A/B/B+)と座位動作時の油圧抵抗、立位動作時のアシスト機能、車イス機能を練習し、機能を理解する事が重要です。

動画はこちら

平地歩行
- 歩行モード B/B+

遊脚相へ切替えるためには交互歩行が必要です。平行棒内で体重移動などの練習を繰返し行います。

動画はこちら

階段歩行
- 歩行モード A/B/B+

歩行モードA/B/B+では階段を1歩ずつ上り・下りを行います。健側側の手すりを使い、安全に歩行する練習を繰返し行います。

動画はこちら

坂道歩行
- 歩行モード B/B+

踏み返しが滑らか行えると、遊脚相へ切替わります。歩行モードB+では、立脚相での軽度屈曲を利用し、坂道下りで安定した立位をとる事もできます。

動画はこちら

屋外歩行
- 歩行モード B/B+

全ての歩行モードで屋外での歩行練習はとても重要です。この動画では歩行モードB+の練習例をご紹介します。

動画はこちら

座位動作
- 歩行モード C

歩行モードCでは油圧抵抗を伴い、左右均等に荷重した座位動作を行う事ができます。

動画はこちら

平地歩行
- 歩行モード C

遊脚相へ切替えるために姿勢、股関節の伸展など重要な要素を繰返し練習します。

動画はこちら

立位機能
- 歩行モード C

膝屈曲位で荷重し、静止すると瞬時にKenevoは屈曲方向にロックします。様々な環境でこの機能を練習します。

動画はこちら

階段下り
- 歩行モード C

油圧抵抗を伴いながら交互に階段を下りる事ができます。安全な階段歩行に重要な、足部の位置、姿勢、重心移動などを繰返し練習します。

動画はこちら

坂道下り
- 歩行モード C

平行棒内で油圧抵抗の感覚を覚えた後、実際の坂道で練習を行います。重心の移動、足部の踏返しなど繰返し練習を行います。

動画はこちら

字幕の調整方法:パソコン

字幕の切替え

ステップ1;"設定"をクリック

ステップ2:"字幕"から"日本語"を選択


字幕サイズの調整

ステップ1:"字幕"から"オプション"を選択

ステップ2:"フォントサイズ"を選択

ステップ3:拡大率を選択

字幕の調整方法:タブレット

字幕の切替え

ステップ1:"オプション"を選択

ステップ2:"字幕"を選択

ステップ3:"日本語"を選択


動画集