筋電電動義手8E38クイックチェンジ式ハンド
(完成用部品)

世界で活躍する筋電義手ハンド

筋電電動義手は、筋肉が収縮する際に発生する微弱な電流(表面筋電位)を電極で採取し、ハンドの開閉モーターのスイッチとして利用する義手の事です。
他の義手と異なり、操作用のハーネスも不要なので、どこでも開閉操作をすることが出来るのが大きな魅力の一つです。

8E38クイックチェンジ式ハンドは、最も一般的で多くの方に使用していただいている筋電電動義手ハンドです。
コスメチックグローブを被せることで、機能的だけではなく見た目も自然になります。

興味のある方は、担当の義肢製作施設へご相談ください

特徴

クイックチェンジ式

最も一般的で多くの方に使用していただいている筋電電動義手ハンドです。
ハンドの丸い手首部分と、ソケット側のパーツを嵌め込む事によって簡単に取付けることができるシステムです。

手首の回旋

他動的に健手などで手首を回すことが出来ます。
物を掴む際に指先の向きを変えたい時に便利です。肩や肘での代償運動(体の他の部分で動きを代償する事)が軽減されます。

但し、回しすぎるとハンドが外れてしまいますので、ご注意ください。

リストローテータ(10S17+13E205)を使用すると、筋電シグナルで手首を回旋させる事もできます。
→リストローテータの詳細はこちら

ハンドの種類

8E38クイックチェンジ式ハンドには、センサーハンドスピード、バリプラススピード、DMCプラス、デジタルツインの4種類があります。

筋電シグナルの強さに比例して開閉スピードと把持力がコントロールできる比例制御と、筋電シグナルが一定の閾値を超えるとハンドが開閉するON-OFF制御に分類されます。
さらに開閉スピードによっても分類されます。

詳しくは「ハンドの種類」をご覧ください。

サイズ

健手のサイズに合わせてサイズを選択します。
一般的なサイズは7 1/4です。更に大きなサイズもラインナップしています。

DMCプラスには小さなサイズ7があります。
子供用の筋電電動義手を使っていた方が成人用に切替える際や、小柄な方にも最適です。

取替えが簡単

クイックチェンジ式の作業用グライファー(8E33)をご使用の場合は、ご自身で簡単に取替えて使用する事ができます。
状況に応じた使い分けをすることができます。

取替えが可能なのは、オットーボック社製マイオボックシステムのハンドのみです。故障の原因となりますので、ご注意ください。

またハンドを外す時は、バッテリーを取外しておくことが重要です。
ハンドの電子回路の故障に繋がる可能性がありますので、ご注意ください。

※写真のグライファーは旧デザインです。

ハンドの種類

開閉スピードおよび筋電義手の制御方法の違いによって4種類あります。
比較動画も合わせてご覧ください。→動画はこちら

センサーハンドスピード

センサーハンドスピードは、筋電シグナルの強さに比例する比例制御です。
最大の開閉スピードは、300mm/secで、ストレスなくハンドの開閉を行う事ができ、操作性が格段にアップします。
開閉スピードや把持力は、筋電のシグナルの強弱で制御します。

さらに親指の先端にセンサーがあり、把持している物体の滑りを感知すると、1.5倍まで把持力が増加する特徴があります。

最大把持力は10kgです。
リスト部分の色:オレンジ色

バリプラススピード

バリプラスは、筋電シグナルの強さに比例する比例制御です。
最大の開閉スピードは、300mm/secで、ストレスなくハンドの開閉を行う事ができ、操作性が格段にアップします。
開閉スピードや把持力は、筋電のシグナルの強弱で制御します。

最大把持力は10kgです。
リスト部分の色:緑色

DMCプラス

DMCプラスは、筋電シグナルの強さに比例する比例制御です。
最大の開閉スピードは、130mm/secです。

DMCプラスには小さなサイズ7もあります。
開閉スピードはセンサーハンドスピードやバリプラススピードと比較してゆっくりなため、子供用の筋電電動義手を使っていた方が、成人用に切替える際に最適です。
また、小柄な方にも最適なサイズです。

最大把持力は9kgです。
リスト部分の色:茶色

デジタルツイン

デジタルツインは、筋電シグナルが一定の閾値を超えるとハンドが開閉するON-OFF制御です。
開閉スピードは110mm/secで一定です。

強い筋電シグナルの検知が難しい方や、1カ所しか筋電を検出できない方でも使えるシンプルなシステムです。

把持力は9Kgで一定です。
リスト部分の色:白色

肘継手・手継手

12K44 エルゴアーム 肘継手 (完成用部品)

筋電電動義手用の肘継手です。
屈曲補助装置(AFB)が付いているのが特徴です。少ない力で肘を曲げることができます。

→エルゴアームの詳細はこちら

10S17+13E205 リストローテーター (完成用部品)

リスト部分も筋電操作で回旋させる事ができます。

→リストローテータの詳細はこちら

保証・修理

修理・メンテナンス

オットーボックの筋電電動義手(マイオボック)は、日本で修理することができます。
またその間の代替え品もご用意いたしますので、安心してお使いいただけます。


保証:安心してお使い頂くために

製品 製品
8E38、8E39、8E44 ハンド 3年
8E33 作業用グライファー 3年
10V38 屈曲リスト 3年
10S17 リストローテーター 3年
12K44 エルゴアーム 3年
電極、バッテリー、ケーブル類、充電器 など 1年

  • 弊社から製品が納品された日から上記期間中に故障が発生した場合には、無償修理いたします。
  • 保証期間内であっても、取扱説明書に記載の注意事項が守られていない、過失、活動度の変化(過負荷)、天災地変による場合などは有償修理となります。また、破損状況によっては修理をお受けできない場合もあります。
  • オットーボック社が推奨していない部品の組み合わせや、使用方法などが原因による故障については保証をいたしかねます。
  • 故障や不調を感じられた際は、まず担当の義肢製作施設にご連絡ください。

使用上の注意

ハンドは指先を開けて保管

ハンド使用後は、必ず指先を2~3cm開けた状態にしてください。
指先を閉じたままの状態で放置すると、余分な力が指先にかかり破損に繋がります。

毎日の使用後も忘れずに、指先を開いて保管をお願いします。


関連製品


関連動画