コンピューター制御膝継手の歩行トレーニング

日常生活で効果的にコンピューター制御膝継手を活用するために、製品の機能を理解し、リハビリテーションを行うことは重要です。
ここでは、機能と特徴、歩行トレーニング動画をご覧いただけます。

義足コンピューター制御膝継手c-leg

機能と特徴

オットーボックのコンピューター制御膝継手の大きな特徴は「デフォルトスタンス」という基本設定を採用していることです。

デフォルトスタンスとは、基本設定が立脚モード(イールディング抵抗が効いた状態)にあり、条件を満たした時のみ遊脚相(抵抗が低い状態)へ切り替る仕組みです。

この「デフォルトスタンス」によって、立っている時、歩行中の足が地面に接している間では、常に抵抗が効いた状態のため、膝折れの心配を極力減らすことができます。

これに「コンピューター制御」された「油圧調整」や「イールディング機能」を組み合わせることで、安全性と活動性の両立を実現しています。

コンピューター制御膝継手は、MPK(Microprocessor Controlled Knee)と呼ばれることもあります。


義足コンピューター制御膝継手

立位機能 -直感的に働くロック機能-

膝継手を曲げた状態で静止すると、膝継手は瞬時にロックします。歩こうとすると瞬時に解除されます。この機能は直感的に働きます。

信号待ちや電車で立っている時、ちょっとした立ち話の時でも、義足に体重を預けることができるため、健側の負担軽減にも繋がります。

最も評価の高い技術の1つです。
ユーザーさんと一緒に練習を行ってください。

この機能は、C-Leg4、ジニウム/ジニウムX3、Kenevo(歩行モードC)に搭載されています。

コンピューター制御膝継手

オットーボックのンピューター制御膝継手は、「デフォルトスタンス」という特徴があります。これによって、立っている時、歩行時の立脚相では、常に抵抗が効いた状態です。

この基本的な機能によって、義足に荷重をかけた座位動作を行う事が可能です。
さらにセンサーの働きによって、軽度屈曲位でロックし、義足に荷重をかけて立位をとる事ができます(立位機能)。

歩行においては、平地での安定した歩行はもちろん、階段や坂道の交互降りを安全に行う事ができます。後方へ安全に移動する事も可能です。

こちらの動画は、C-Leg4、ジニウム、Kenevo(歩行モードC)が対象です。

動画集:座位動作と立位動作

座位動作と立位動作

座位などの日常生活動作において、屈曲方向への油圧抵抗がバランスの良い動作を可能にします。

動画集:安定性の獲得

安定性の獲得

体重のスムーズな移動と安定性を向上させるための簡単なエクササイズをご紹介します

動画集:平行棒から独立歩行まで

平行棒から独立歩行まで

補助具を用いた歩行パターンと、独立歩行までの補助具を減らしていく練習例をご紹介します。

動画集:平地歩行(1)

平地歩行(1)

遊脚相への切替えるための基本的な練習方法や、セラピストによるサポート方法などをご紹介します。

動画集:平地歩行(2)

平地歩行(2)

ケイデンスと歩行スピードを自然に変化できるようになる事は、日常生活における安全確保にはとても重要です。

動画集:イールディング エクササイズ

イールディング エクササイズ

イールディング機能の特徴とそれを使いこなすための練習をご紹介します。

動画集:階段下り動作(1)

階段下り動作(1)

足部の位置や断端の動かし方、義足に荷重する事など、段差を下りるための基本的な動作を紹介します。

動画集:階段下り動作(2)

階段下り動作(2)

イールディングを使った段差を下る基本的な動きをマスターした後、実際の階段を交互に下りる練習を行います。

動画集:低い段差の下り方

低い段差の下り方

C-Leg4では縁石など低い段差の越える際、遊脚相に切替える方法とイールディング機能を効かせる方法の2つがあります。

動画集:坂道歩行テクニック - 緩やかな斜面

坂道歩行テクニック
- 緩やかな斜面

緩やかな斜面では、通常歩行と同じように遊脚相に切替えて上り・下りを行います。

動画集:坂道歩行テクニック - 急な斜面

坂道歩行テクニック
- 急な斜面

急な上り坂は義足を乗り越えて重心移動させる事が難しいため、義足側の歩幅を小さくするのがコツです。

動画集:坂道歩行テクニック - 上級編

坂道歩行テクニック
- 上級編

荷物を持ちながらの歩行や、台車を押しながらの歩行など日常生活で起こりうる様々な動作をイメージした練習方法をご紹介します。

動画集:立位機能 - 直感ロック

立位機能 - 直感ロック

膝継手を軽く曲げた状態で静止すると、膝継手は瞬時にロックします。歩こうとすると瞬時に解除されます。この機能は直感的に働きます。

動画集:マイモード

マイモード

C-Leg4における特定動作でのモードの切替え方法やアプリを使った切替え方法をご紹介します。

動画集:屋外トレーニング

屋外トレーニング

日常生活動作を獲得する為にも生活環境に似た屋外での歩行練習は重要です。

動画集:床への座位と立ち上がり動作

床への座位と立ち上がり動作

床面への座り動作と立ち上がり動作は日常生活において起こりうる動作です。動画を参考にしてご自身のやりやすい方法を探してください。

動画集:体幹と立脚相での安定 強化

体幹と立脚相での安定強化

インナーマッスルの強化と立脚相での安定強化のためのエクササイズ例をご紹介します。

ジニウム/ジニウムX3

ジニウム/ジニウムX3は、コンピューター制御膝継手の基本機能に加え、OPG機能により踵接地時に軽度屈曲した状態で着地します。
そのため、平地歩行で自然な歩容を可能にするのはもちろん、上り坂では棒足状態の義足を乗越える動作の必要がなく、前方への体重移動をスムーズに行う事ができます。

+αの機能として、障害物を乗り越える機能が搭載されており、連続で行えれば階段を交互に上る事もできます。さらに歩行からスピードを上げることで小走りまで可能になります(Walk to Run機能)。

ジニウムX3は防塵、防水、耐腐食性が最高レベルの膝継手です。水深3mまで対応しています。

動画集:立位機能 - 直感ロックと任意ロック

立位機能
- 直感ロックと任意ロック

ジニウムには、膝継手を軽く曲げた状態で静止すると瞬時にロックする直感ロックと、静止時間を長く保つことで録する任意ロックが搭載されています。

動画集:OPG - 平地歩行と坂道歩行

OPG
- 平地歩行と坂道歩行

ジニウムは踵接地時に軽度屈曲することにより、衝撃の吸収と身体の負担を軽減、そして素早く足底が接地するため、より安全です。

動画集:障害物乗越え&階段上り機能 - 基本編

障害物乗越え&階段上り機能 - 基本編

特定の動作をすることで、義足で障害物を乗り越えたり、階段を交互に上る事ができます。基本動作を繰返し練習します。

動画集:障害物乗越え&階段上り機能 - 実践編

障害物乗越え&階段上り機能 - 実践編

実際の階段で複数段連続で上ったり、障害物を複数乗越える練習を繰返し行います。また屋外で環境を組合わせた練習は重要です。

動画集:Walk to Run機能

Walk to Run機能

歩行から歩行スピードを上げると小走りまで速度追随します。

動画集:マイモード - 切替え

マイモード - 切替え

ジニウムは、通常の歩行モード以外に5つ個別モードを選択することが可能です。動作パターンでの切替えと、専用アプリでの切替えが可能です。

動画集:マイモード - ブレーキ膝

マイモード - ブレーキ膝

ジニウムには、膝に荷重すると任意の角度でロックするブレーキ膝(マイモード)が搭載されれいます。

Kenevo

Kenevoは低活動ユーザー向けのコンピューター制御膝継手です。ゆっくり歩きに適しています。

コンパクトなボディーの中に、できる限りの安定性機能、アシスト機能を詰め込みました。
適した機能に随時切替えが可能なため、リハビリ段階での使用にも適しています。生活環境や歩行能力の変化に応じて、歩行モード(A/B/B+/C)を切替えて使用する事ができます。コンピューター制御だから可能にする機能です。

Kenevoに搭載されている、4種類の歩行モードそれぞれに適したトレーニング動画をご覧ください。
歩行モードの詳細はKenevo製品ページをご覧ください→Kenevo製品ページ

動画集:基本エクササイズ - 全歩行モード

基本エクササイズ
- 全歩行モード

座位動作(A/B/B+)と座位動作時の油圧抵抗、立位動作時のアシスト機能、車イス機能を練習し、機能を理解する事が重要です。

動画集:平地歩行 - 歩行モード B/B+

平地歩行
- 歩行モード B/B+

遊脚相へ切替えるためには交互歩行が必要です。平行棒内で体重移動などの練習を繰返し行います。

動画集:階段歩行 - 歩行モード A/B/B+

階段歩行
- 歩行モード A/B/B+

歩行モードA/B/B+では階段を1歩ずつ上り・下りを行います。健側側の手すりを使い、安全に歩行する練習を繰返し行います。

動画集:坂道歩行 - 歩行モード B/B+

坂道歩行
- 歩行モード B/B+

踏み返しが滑らか行えると、遊脚相へ切替わります。歩行モードB+では、立脚相での軽度屈曲を利用し、坂道下りで安定した立位をとる事もできます。

動画集:屋外歩行 - 歩行モード B/B+

屋外歩行
- 歩行モード B/B+

全ての歩行モードで屋外での歩行練習はとても重要です。この動画では歩行モードB+の練習例をご紹介します。

動画集:座位動作 - 歩行モード C

座位動作
- 歩行モード C

歩行モードCでは油圧抵抗を伴い、左右均等に荷重した座位動作を行う事ができます。

動画集:平地歩行 - 歩行モード C

平地歩行
- 歩行モード C

遊脚相へ切替えるために姿勢、股関節の伸展など重要な要素を繰返し練習します。

動画集:立位機能 - 歩行モード C

立位機能
- 歩行モード C

膝屈曲位で荷重し、静止すると瞬時にKenevoは屈曲方向にロックします。様々な環境でこの機能を練習します。

動画集:階段下り - 歩行モード C

階段下り
- 歩行モード C

油圧抵抗を伴いながら交互に階段を下りる事ができます。安全な階段歩行に重要な、足部の位置、姿勢、重心移動などを繰返し練習します。

動画集:坂道下り - 歩行モード C

坂道下り
- 歩行モード C

平行棒内で油圧抵抗の感覚を覚えた後、実際の坂道で練習を行います。重心の移動、足部の踏返しなど繰返し練習を行います。


関連情報

製品情報